Climate Physics Laboratory

    物理気候学研究室対流圏~成層圏における大気の流れは、海洋降水や地形といった、様々な要素からなる複雑な気候システムで特徴づけられます。

またその特徴は地域によって異なるため、これらひとつずつ丁寧に調べ、同時にそれらがどのように絡み合っているかを統合的に調べることが必要です。 物理気候学研究室では、偏西風の蛇行、成層圏循環、温帯低気圧やAtmosphericRiver(AR)に伴う降水特性といった大きなスケールの現象から、地形性降水といった小さなスケールの現象まで、様々な空間スケールの気象現象について研究しています。 具体的には、大気の再解析データや、衛星による観測データを用いた解析を行っています。

また、複雑な地形を考慮した大気モデルの開発や、衛星データ解析アルゴリズムの開発も行っています。

旬な情報:に掲載されました。

:2019年度の情報に更新()。

上一篇:2017年7月15日托福考试口语写作考前解析-托福培训

下一篇:没有了